クラスTシャツでクラスの団結力を上げる

クラスTシャツでクラスの団結力を上げる 体育祭や文化祭の時に作成するクラスTシャツはイベントでクラスの団結力を上げることができます。
みんなで同じ服を着ることで、仲間としての認識が高まり、体育祭などでは大人数の中でもすぐに自分のクラスメイトがわかるので応援にも熱が入ります。
クラスTシャツの最大の特徴はデザインを自分たちでできるということです。
全員の名前を入れたり、クラスのキャラクターをデザインしたり、クラスのキャッチコピーをいれたりと様々な工夫ができます。
またとないオリジナルTシャツなので特別感があります。
着ている時だけでなく作る過程でも絆が深まり、イベントに向けクラスの意欲が高まります。
自分のクラスが1番と思えるデザインになるよう他のクラスにはない独自性を出そうとアイディアを出し合って作り上げるためです。
また、集合写真も華やかになりますし、終わった後も家にあるので思い出にも残ります。
イベントの後にまたクラスで集まって着ることもできます。
世界に2つとないクラスTシャツだからこそ、イベント中だけでなく、その前も後も仲間として団結できます。

体育祭で活躍!クラスTシャツの可愛いアレンジ方法

学校で一番盛り上がるイベントの体育祭で、クラスTシャツを着るのが大人気です。
仲良しのクラスみんなでおそろいのクラスTシャツを着ると皆の想いが一つになるし、一生忘れられない思い出になります。
せっかくクラスTシャツを作るなら世界で一つしかなく、インパクトのあるものにしたいですよね。
クラスTシャツは可愛いアレンジを加えるだけでオリジナル感があふれるものになります。
Tシャツはクラスみんなで同じ色にしましょう。
そうすれば統一感が出てみんなの気持ちが一つになりやすいです。
そしてオリジナル感を出すためにバッジやアップリケをつけたり刺繍をしてみてはいかがでしょうか。
女の子ならリボンやレースを付けてみたらもっと可愛いです。
クラスごとに体育祭の抱負を決めている場合は、抱負をTシャツの背中部分に書くと後ろの人によく見られるし団結力が上がります。
また、Tシャツの裾を結んでみるとシルエットが可愛くなるのでおすすめです。
体育祭が終わっても違うイベントで使えるよう、工夫してみてはいかがでしょうか。